Top Page
how to >応用編
 応用編
フィルタ系
油絵フィルタで印象派の絵
線画フィルタでストライプ画
ステンドグラスでモザイク画
カラー写真をモノクロにするコツ
極座標変換で集中線
絨毯風フィルタでゴッホ調に
モザイクと輪郭抽出でCG表現
ステンドグラスで波模様
タイフーンフィルタで花模様
万華鏡フィルタで放射状の線
レイヤ系
レイヤ合成01(写真補正)
レイヤ合成02(写真補正)
パス系
パス機能でイラスト作成
Step1 下準備
Step2 パス機能を使う
Step3 彩色をする
Step4 背景を描く1
Step5 背景を描く2
文字系
ネオンライト風の文字
3D文字でタイトル作成
カラー写真をモノクロにする際のコツ
モノクロにする際に、ちょっとしたコツで明度やコントラストを調節することができます。



1. 最初に、モノクロにしたい画像を用意します。



2. メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[グレー 化]を実行します。 
さらに、メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[コ ントラストの自動補正]を実行します。


単純なグレー化とコントラスト自動補正では、メ リハリのないモノクロ画像になってしまう場合が あります。


ここでは青空の補色である赤系を重ねてからグ レー化することで、青空を暗くしてみましょう。



3. 元画像の上に透明レイヤを新規作成し、赤 色を塗って乗算で合成します。

レイヤを結合し、メニュー[フィルタ]−[色調補 正]−[グレー化]を実行します。



4. 左図のようになります。
これに、メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[コ ントラストの自動補正]を実行します。



5. 左図のようになります。

元画像をそのまま
グレー化+コントラスト自動補正
赤色を乗算合成後、
グレー化+コントラスト自動補正

元画像にそのままフィルタをかけた状態(左画像)に比べて、青空が暗くなり、メリハリのついた
画像(右画像)になりました。




モノクロにした時に暗くしたい色の補色を乗算で 合成するやり方を、もう一例あげておきましょう。

1. 左図をモノクロにします。



2. メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[グレー 化]を実行します。 
さらに、メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[コ ントラストの自動補正]を実行します。


チューリップの花の赤と、葉の緑は、色相差は ありますが明度差がないので、単純にモノクロ にすると、花も葉もおなじようなグレーになってし まいます。


ここではチューリップの花の補色である緑系を 重ねてからグレー化することで、チューリップの 花を暗くしてみましょう。



3. 元画像の上に透明レイヤを新規作成し、緑 色を塗って乗算で合成します。

レイヤを結合し、メニュー[フィルタ]−[色調補 正]−[グレー化]を実行します。



4. 左図のようになります。
これに、メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[コ ントラストの自動補正]を実行します。



5. 左図のようになります。

元画像をそのまま
グレー化+コントラスト自動補正
緑色を乗算合成後、
グレー化+コントラスト自動補正

元画像にそのままフィルタをかけた状態(左画像)に比べて、チューリップの花の色が暗くなり、
メリハリのついた画像(右画像)になりました。



元画像をそのまま
グレー化+コントラスト自動補正
赤色を乗算合成後、
グレー化+コントラスト自動補正

また、赤色を乗算合成した後にグレー化+コントラスト自動補正をすると、葉の色は暗くなり、チュ
ーリップの花の色は白くなります。

このようにカラー画像をモノクロ化する際には、補色を乗算合成することによって調子の明暗を調
節することができるのです。



copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.