Top Page
how to >応用編
 応用編
フィルタ系
油絵フィルタで印象派の絵
線画フィルタでストライプ画
ステンドグラスでモザイク画
カラー写真をモノクロにするコツ
極座標変換で集中線
絨毯風フィルタでゴッホ調に
モザイクと輪郭抽出でCG表現
ステンドグラスで波模様
タイフーンフィルタで花模様
万華鏡フィルタで放射状の線
レイヤ系
レイヤ合成01(写真補正)
レイヤ合成02(写真補正)
パス系
パス機能でイラスト作成
Step1 下準備
Step2 パス機能を使う
Step3 彩色をする
Step4 背景を描く1
Step5 背景を描く2
文字系
ネオンライト風の文字
3D文字でタイトル作成
[パス機能 Top] 

[Step2] 



パス機能を使ったイラストレーション
Step1 下準備をする



テーマをきめる

左の絵は作例の完成図です。
知っている人が見れば一目瞭然ですが、元ネ タは「ミュシャ」の絵です。

アルフォンス・ミュシャ
今からおよそ百年前、19世紀末から20世 紀初頭にかけて活躍した商業イラストレータ ー、画家。
気品ある穏やかな作風は、当時パリの人々 の圧倒的な支持をあつめた。
アールヌーボーという装飾様式の体現者、 広告グラフィックを芸術まで高めた天才とし て様々な分野に多大な影響をあたえ、20世 紀末の今なお、その人気を誇っている。

ミュシャの画風は(当時の流行や印刷事情も 大きく影響しているのでしょうが)はっきりとし た主線・繰り返しの多い装飾・基本的に均質な 色塗りという、パス機能を使ったイラストレーシ ョンにとても向いているものです。作例としてわ かりやすいので、この巨匠に挑んでみましょ う。
「ミュシャ風のイラストレーションをパス機能を 使って描く」が今回のテーマです。



下書き

まずは下書きです。A4の紙に鉛筆で描きま す。紙は、スキャニングできる大きさなら問題 ありません。
すこし話が先に飛びますが、曖昧な部分を残し た下書きの方が、後でパス機能を使い、ベジェ 曲線で主線をトレースするときに「どの線をえら ぶか」を詰めていく醍醐味があります。
主線のトレースをもっと安心して行いたい人は (わざわざパスを使って主線を描画する意味が 弱くなりますが)ペン入れをするなりして、下書 きをキッチリ固めればいいでしょう。

作例では全体の構成を描いた下書き(スキャ ニングはしません。設計図というか、メモのよう なものです)をもとに、画面を構成するモチーフ を別々に下書きしています。
この絵でもメインとなる女性や百合の花、背景 の風景など、各部分を別々に描き、スキャニン グをしたあと画面上で組み立てて、バランスを 整えていきました。
構成のいろいろなバリエーションをあまり時間 をかけずに試せるのがこの方法の利点です。 





スキャニングと補正

Fanfare Photographerのパス機能はアンカー ポイントがピクセル単位で移動するので、解像 度が大きいほど、ベジェ曲線のラインを細かく 修正することができます。
作例では、完成が縦2000ピクセル程度になる ようにスキャンしています。

スキャンした下書きの画像は[色調補正] - [ト ーンカーブ/レベル補正]や[色調補正] - [明る さ・コントラスト]を使って主線の輪郭をはっきり させ、主線以外の部分を白くします。 



[色調補正] - [白を透明に]で主線以外の部分 を透明にし、各モチーフを、同ファイルの別レイ ヤに置いていきます。


全体の構成をみながら、各モチーフの大きさや トリミングの位置を調節してバランスを整え、下 準備の完成です。



copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.