Top Page
how to >応用編
 応用編
フィルタ系
油絵フィルタで印象派の絵
線画フィルタでストライプ画
ステンドグラスでモザイク画
カラー写真をモノクロにするコツ
極座標変換で集中線
絨毯風フィルタでゴッホ調に
モザイクと輪郭抽出でCG表現
ステンドグラスで波模様
タイフーンフィルタで花模様
万華鏡フィルタで放射状の線
レイヤ系
レイヤ合成01(写真補正)
レイヤ合成02(写真補正)
パス系
パス機能でイラスト作成
Step1 下準備
Step2 パス機能を使う
Step3 彩色をする
Step4 背景を描く1
Step5 背景を描く2
文字系
ネオンライト風の文字
3D文字でタイトル作成
[Step2] 

[パス機能 Top] 

[Step4] 



パス機能を使ったイラストレーション
Step3 彩色をする



彩色をする

色を塗って見ましょう。
STEP2で描いた透明レイヤ「人物の主線」を透 明保護にして[塗りつぶし]で主線に色をつけ ます。 

顔をペイント缶で塗ります。
[人物の主線]レイヤの下に[顔の色]レイヤを作 ります。
カレントレイヤを[人物の主線]にして、[選択ツ ール] - [マジックワンド]を選び、塗りたい領域 をクリックします。
次にカレントレイヤを[顔の色]にして、[選択範 囲の変更] - [拡張]で量を入力します。
できた領域内をペイント缶で塗ります。



選択範囲の拡張機能を利用すると、塗り残し のないきれいな彩色ができます。
各パーツ(帽子・髪・顔など)ごとにレイヤを分 けて塗っていくとよいでしょう。







色を塗った各パーツの透明レイヤを透明保護 にして[ペンツール] - [エアブラシ]で、濃淡をつ けていきます。
この作例ではミュシャの画風を意識してあまり 光と影を強調せず、淡い処理にとどめていま す。
画風やテーマによって異なりますので絵全体 のバランスを確認しながら作業するとよいでし ょう。



髪は[ペンツール] - [ずらし指]を使って描きま す。

「髪_明るいところ」、「髪_暗いところ」上記の ような透明レイヤを、2つ作ります。
各々に、髪の基本となった色より明るい色や 暗い色を[ペンツール] - [ブラシ]で描きます。
それから[ずらし指]を使い、髪の流れに沿って 色をずらしていきます。
髪のうねりや立体感を意識しながら描きましょ う。 


色がほぼ塗られました。
背景の色との関係も重要ですので、背景の色 味も、ある程度塗っておいて作業するとよいで しょう。



copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.