Top Page
how to >応用編
 応用編
フィルタ系
油絵フィルタで印象派の絵
線画フィルタでストライプ画
ステンドグラスでモザイク画
カラー写真をモノクロにするコツ
極座標変換で集中線
絨毯風フィルタでゴッホ調に
モザイクと輪郭抽出でCG表現
ステンドグラスで波模様
タイフーンフィルタで花模様
万華鏡フィルタで放射状の線
レイヤ系
レイヤ合成01(写真補正)
レイヤ合成02(写真補正)
パス系
パス機能でイラスト作成
Step1 下準備
Step2 パス機能を使う
Step3 彩色をする
Step4 背景を描く1
Step5 背景を描く2
文字系
ネオンライト風の文字
3D文字でタイトル作成
[Step4] 

[パス機能 Top] 



パス機能を使ったイラストレーション
Step5 背景を描く 02



装飾部品を描く

Step2で説明した手順と同じように[パスツー ル] - [パスペンツール]を選んで下書きのライ ンに沿ってパスを描いていき、形に沿ってパス が閉じたら[パスツール] - [ダイレクト選択]を選 び、アンカーポイントのハンドルの長さや方向を 変えて形を調節し、修正していきます。
形が確定したら、パスを選択した状態で[塗り つぶし]をクリックします。



パスで作った装飾は左右・上下の反転や回転 はもちろん、大きさを変えて後に再利用できる 利点があります。
作風がある程度固まっている人はこうした装飾 をストックしておくと便利でしょう。



遠景の樹木を塗ります。

バックの空から淡く浮き上がって見える程度に グラデーションを使って彩色しましょう。



ツールボックスの[グラデーション]タブを選び、 色1、色2を指定します。
画面の統一感を損なわないよう、両色とも作例 の中で既に使用した色を選びます。



グラデーションは画面に奥行きや広がりを出す のに有効ですが、色の変化が均一です。その ため多用すると、のっぺりとした印象の画面に なってしまいますので注意しましょう。


完成



copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.