Top Page
how to >基本編-補正01
 基本編
写真の補正01
写真をくっきりさせる
明るさの調整
赤目補正
写真の補正02
シミ、傷、ほこりを取り除く
写真の色を濃くする
写真の色調を調整する
編集・加工01
カラー写真をモノクロ、セピアに
画像の色を変える
対象物を切り抜く01
対象物を切り抜く02
背景をぼかす
表示マスクチャネルを使う
レイヤ合成でフォトコラージュ
編集・加工02
写真サイズを小さくする
トリミング
縁をぼかして丸く切り抜く
2枚の画像を1枚の画像に
パノラマ写真作成
光と影の表現
基本的な光の表現
基本的な影の表現
文字
文字を入力する
立体的な文字を作成
その他
アニメーションGIF
レイヤを利用して絵を描く
写真を印刷する





ぼんやりした写真をくっきりさせる
ピンボケの写真をくっきりとするにはフィルタの[シャープ]や[アンシャープマスク]を利用します。
1. [シャープ] シャープにしたい画像を開きます。

2. メニュー[フィルタ]−[シャープ]−[シャープ]をクリックします。すぐに結果が画像に反映され ます。
元画像との違いを確認するには、ツールバーの元に戻すとやり直しを交互にクリックして、
フィルタ実行前と実行後の確認を行います。

  シャープフィルタは適用量を調整できませんので、効果が足りない場合は
  次の[アンシャープマスク]を実行します。


3. [アンシャープマスク] メニュー[フィルタ]−[シャープ]−[アンシャープマスク]をクリックしま す。[アンシャープマスク]ダイアログが開きます。
画面上で確認できるように[プレビュー]ボックスにチェックをつけます。



4. 半径のスライダを左右に動かすか、直接数値を入力します。
半径の設定はシャープ効果を適用する周囲のピクセルを指定します。半径を大きく設定すると効 果は広範囲に適用され、シャープはより明確になります。しかし、アンシャープマスクの効果が 強すぎると、汚い・荒れた画像になってしまいます。
半径の値を変更しながら 「プレビュー」のチェックをつけたり、はずしたりを繰り返して調整して 下さい。




部分的にくっきりシャープにする
写真の一部分をシャープにするには、フィルタペンを使うと便利です。マウス操作を行った部分に 効果を与えることができます。


1. 部分的にシャープにしたい画像を開きます。

2. ツールボックスの[ツール]ボタンをクリックします。

3. [修正]タブをクリックし[修正ツール:シャープ]をクリックします。



4. 画像にマウスポインタを移動すると、シャープツールの適用範囲が表示されます。



5. 画像上のシャープツールの適用範囲(円の大きさ)を確認し、ツールボックスのブラシオプショ ンから利用したいサイズのブラシを選びます。目的のサイズが見つからない場合は直径サイズを 変更してください。



6. シャープにしたい部分をドラッグします。ドラッグした部分にシャープの効果が適用されます。 ツールボックスの不透明度、強さの値を変更しながら調整してください。

不透明度: 不透明度を 0(透明)〜100(不透明)%の範囲で指定します。

強さ: シャープの強さを 0(弱)〜7(強)の範囲で指定します。数値が大きいほどエッジが強調 されます。





明るさの調整
コントラストの強い写真の補正には[明るさの調整]を利用します。

晴天時の屋外写真などで、日影の部分を明るくしたり、日が当たって明るくなりすぎた部分を暗 くすることができます。
選択範囲やマスクを使用することなく対象のみに効果を加えるので、簡単に画像の明るい部 分、暗い部分の補正をおこなえます。


1. 補正したい画像を開きます。

2. メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[明るさの調整]をクリックします。
[明るさの調整]ダイアログが開きます。画面上で確認できるように[プレビュー]ボックスにチェッ クをつけます。



3. 暗い部分を明るくするときは、「シャドウを明るくする」スライダをドラッグします。
明るい部分を暗くするときは、「ハイライトを暗くする」スライダをドラッグします。スライダの位置を 変更しながら調整します。





赤目補正
フラッシュを使って人物を撮影したときに目が赤くなることがあります。このような写真には[赤目 補正]を利用します。
1. 赤目を補正したい画像を開きます。

2. 表示倍率を上げて、作業しやすくします。[ツール]バーの[ルーペ]ボタンをクリックします。


3. 画像の目的位置(ここでは赤目を補正するので目のあたり)をクリックします。クリック位置を 中心に一段階、大きい倍率で表示されます。また、右クリックすると一段階、小さい倍率で表示 されますので、作業しやすい倍率に変更します。


4. ツールボックスの[ツール]ボタンをクリックします。[修正]タブをクリックし[修正ツール:赤目 補正]をクリックします



5. マウスカーソルを画像上に移動すると、赤目補正の適用範囲が表示されます。



6. 画像上の赤目補正の適用範囲(円の大きさ)を確認し、円の大きさを瞳の大きさと同じぐらい にします。サイズはツールボックスのブラシオプションから利用したいブラシサイズを選びます。 目的のサイズが見つからない場合は直径サイズを変更してください。

7. 赤い瞳の上でクリックします。クリックした部分がモノクロになり赤目が補正されます。



copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.