Top Page
how to >基本編-補正02
 基本編
写真の補正01
写真をくっきりさせる
明るさの調整
赤目補正
写真の補正02
シミ、傷、ほこりを取り除く
写真の色を濃くする
写真の色調を調整する
編集・加工01
カラー写真をモノクロ、セピアに
画像の色を変える
対象物を切り抜く01
対象物を切り抜く02
背景をぼかす
表示マスクチャネルを使う
レイヤ合成でフォトコラージュ
編集・加工02
写真サイズを小さくする
トリミング
縁をぼかして丸く切り抜く
2枚の画像を1枚の画像に
パノラマ写真作成
光と影の表現
基本的な光の表現
基本的な影の表現
文字
文字を入力する
立体的な文字を作成
その他
アニメーションGIF
レイヤを利用して絵を描く
写真を印刷する





写真のシミ、傷、ほこりを取り除く
画像の傷やゴミなどを取り除くには[スポット修正]を利用します。[スポット修正]はクリックする だけで画像の傷やゴミなどを目立たないように修正できます。
1. シミ、傷、ほこりなどを取り除きたい画像を開きます。

2. ツールボックスの[ツール]ボタンをクリックします。
[修正]タブをクリックし[修正ツール:スポット修正]をクリックします。




3. 画像にマウスポインタを移動すると、スポット修正の適用範囲が表示されます。

4. 画像上のスポット修正の適用範囲(円の大きさ)を確認し、サイズを調整します。サイズはツ ールボックスのブラシオプションから利用したいブラシサイズを選びます。目的のサイズがみつか らない場合は直径サイズを変更してください。

5. 取り除きたいものの付近でクリック・ドラッグします。



6. 一度で取り除かれない場合は何度かクリックしたり、ツールバーの[元に戻す]をクリックして から、[スポット修正]のクリックする位置をずらしてクリックしてみてください。





白っぽい写真の色を濃くする
明るく白っぽい写真の色を濃くしてはっきりした印象にするには[明るさ・コントラスト]
[レベル補正]を利用します。
[明るさ・コントラスト]を利用して色を濃くします。
[明るさ・コントラスト]は画像全体を明るくしたり暗くしたりするときに利用します。


1. 明るさを変えたい画像を開きます。

2. メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[明るさ・コントラスト]をクリックします。
[明るさ・コントラスト]ダイアログが開きます。画面上で確認できるように[プレビュー]ボックスに チェックをつけます。



3. [明るさ]のスライダを左に動かすと画像が暗くなります。暗くしすぎると明るい部分まで暗くな り、暗い部分の階調が失われて黒潰れが発生することがあるので確認しながら数値を変えてみ てください。




[レベル補正]
最も明るい部分と最も暗い部分は変えずに明るさを変更するには、[レベル補正]を利用して明 るさを変更します。


1. 明るさを変えたい画像を開きます。

2. メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[レベル補正]をクリックします。[レベル補正]ダイアログ が開きます。画面上で確認できるように[プレビュー]ボックスにチェックをつけます。



3. [ガンマ]スライダを左に動かすと画像が暗くなります。




ヒストグラムとは
ヒストグラムは画像の明るさごとのピクセル数を示したグラフです。

ヒストグラムの横軸は黒(左端)〜 白(右端)までの明るさを表し、縦軸はその明るさに対してど のくらいピクセル数があるかを表しています。
このため、暗い画像では左端に、明るい画像では右端に偏ったグラフになります。また、色調範 囲が広い画像では、全体に多くのピクセルが存在します。

画像を補正するにはグラフの下にある3つのスライダ「暗部」「ガンマ」「明部」を左右に動かして 調整します。



暗部スライダ:元画像の暗部の位置を指定します。右へ移動すると暗部スライダより左の領域 のピクセルは黒として補正されます。

ガンマスライダ:元画像に加えるガンマ値を指定します。右へ移動すると画像が明るくなり、左 へ移動すると画像が暗くなります。

明部スライダ:元画像の明部の位置を指定します。左へ移動すると明部スライダより右の領域 のピクセルは白として補正されます。





写真の色調を調整する
蛍光灯や白熱灯の下で撮影した写真は緑っぽくなったり、赤っぽくなったりします。このような写 真の色を調整するには[カラーバランス]を利用します。

[カラーバランス]は、補色のバランスを調整して画像の色合いを設定するコマンドです。
このコマンドを利用することで、色かぶりや偏りを補正することができます。

1. 色調を調整したい写真を開きます。

2. メニュー[フィルタ]−[色調補正]−[カラーバランス]をクリックして、[カラーバランス]ダイア ログを表示します。画面上で確認できるように[プレビュー]ボックスにチェックをつけます。



3. 画像が赤っぽい場合には、[C(シアン) − R(赤)]スライダをシアン方向へ移動し、緑っぽい 場合は[M(マゼンタ) − G(緑)]スライダをマゼンタ方向へ移動します。画像を確認しながら他 のスライダもドラッグして微調整を行います。

次の左側の写真は白熱灯の元で撮影したものです。本来は白い陶器がオレンジ色っぽくみえま す。カラーバランスを利用して、B(青)とC(シアン)方向へスライダを移動し調整したのが右の写 真です。



copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.