Top Page
how to >基本編-基本的な光の表現
 基本編
写真の補正01
写真をくっきりさせる
明るさの調整
赤目補正
写真の補正02
シミ、傷、ほこりを取り除く
写真の色を濃くする
写真の色調を調整する
編集・加工01
カラー写真をモノクロ、セピアに
画像の色を変える
対象物を切り抜く01
対象物を切り抜く02
背景をぼかす
表示マスクチャネルを使う
レイヤ合成でフォトコラージュ
編集・加工02
写真サイズを小さくする
トリミング
縁をぼかして丸く切り抜く
2枚の画像を1枚の画像に
パノラマ写真作成
光と影の表現
基本的な光の表現
基本的な影の表現
文字
文字を入力する
立体的な文字を作成
その他
アニメーションGIF
レイヤを利用して絵を描く
写真を印刷する





基本的な光の表現
[ガウスぼかし]を使った基本的な光の表現をご紹介します。
ここでは文字を光らせてみましょう。

1. ツールボックスから、
[選択・描画ツール]−[文字]−[イメージ文字]
を選択します。

画面をクリックすると
[イメージ文字編集]ダイアログが開きます。



作りたい画像の大きさに合わせてフォントサイズを決め、文字を入力します。




2. 左図のようになりました。
この文字を光らせてみましょう。


3. メニュー[レイヤ]−「新規透明レイヤ」
でレイヤを作成します。

作成したレイヤを[光]と名付けます。



4. レイヤ[文字]を選択し、選択ツールで文字を 選択します。


5. メニュー[選択範囲]−[選択範囲の変更]− [拡張]を選択します。
[拡張]ダイアログが開きます。

[拡張量]を、5pixelにします。
拡張量は好みで設定しましょう。


6. 左図のようになりました。


7. メニュー[編集]−[塗りつぶし]を選択し、光 らせたい色で塗りつぶします。
作例では白く塗りつぶしました。


8. メニュー[フィルタ]−[ぼかし]−[ガウスぼ かし]を選択します。
[ガウスぼかし]ダイアログが開きます。

[設定]の半径を、ここでは5.0にします。
ぼかし具合は好みで設定しましょう。


9. 左図のようになりました。
完成です。





※. 手順7の後、違うフィルタをかけることで、[ガウスぼかし]とは異なった光の表現をすることが できます。
例として2種類ご紹介します。


8. メニュー[フィルタ]−[表現手法]−[拡散]を 選択します。
[拡散]ダイアログが開きます。

[設定]の強さを、20にします。
好みで設定しましょう。


9. 左図のようになりました。
完成です。





8. メニュー[フィルタ]−[ピクチャ]−[ガラス風] を選択します。
[ガラス風]ダイアログが開きます。

[ガラス風]には種類がありますが、[波ガラス 4]を選択します。
[設定]の波数を50に、強さを1にします。
好みで調節しましょう。


9. 左図のようになりました。
完成です。






基本的な影の表現
[ガウスぼかし]や[モーションブラー]を使った基本的な影の表現をご紹介します。
ここでは文字に影をつけてみましょう。

1. ツールボックスから、
[選択・描画ツール]−[文字]−[イメージ文字]
を選択します。

画面をクリックすると
[イメージ文字編集]ダイアログが開きます。



作りたい画像の大きさに合わせてフォントサイズを決め、文字を入力します。



2. 左図のようになりました。
この文字に影をつけましょう。


3. メニュー[レイヤ]−「複製」
でレイヤを複製します。

複製したレイヤ([文字のコピー]と名付けます) を透明保護にして、黒く塗りつぶします。
さらに、透明度を75%に設定します。


4. レイヤ[文字のコピー]の透明保護を外して、 右に5pixel、下に5pixel動かします。

ぼけあしのない影としては、これで完成ですが、 さらに[ぼかし]をかけてみましょう。


5. メニュー[フィルタ]−[ぼかし]−[ガウスぼ かし]を選択します。
[ガウスぼかし]ダイアログが開きます。

[設定]の半径を、2.0にします。
ぼかし具合は好みで設定しましょう。


6. 左図のようになりました。
完成です。


7. 手順4の段階で、レイヤ[文字のコピー]を動 かす距離を広げると、左図のようになります。
10pixelずつ動かして、透明度を30%にしました。


※. ここでは文字に影をつけましたが、もちろ ん、どんな形にも影をつけることが出来ます。
作った形を複製して影用のレイヤをつくり、上記 の手順で作成します。




フィルタ[モーションブラー]を使った影の作り方も紹介しておきましょう。
手順3までは上記と同じです。


4. レイヤ[文字のコピー]の透明保護を外して、 下に5pixel動かします。


5. メニュー[フィルタ]−[写真手法]−[モーショ ンブラー]を選択します。
[モーションブラー]ダイアログが開きます。

[設定]の方向を下に、強さを4にします。

手順4で、レイヤ[文字のコピー]を動かす向きに あわせて方向を決めます。
強さも好みで決めてください。


5.左図のようになりました。
完成です。


6. 手順4の段階で、レイヤ[文字のコピー]を動 かす距離を広げると、左図のようになります。
20pixel動かして、透明度を25%にしました。


※. この影も、どんな形にもつけることが出来ま す。
作った形を複製して影用のレイヤをつくり、上記 の手順で作成します。

copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.