Top Page
how to >基本編-文字
 基本編
写真の補正01
写真をくっきりさせる
明るさの調整
赤目補正
写真の補正02
シミ、傷、ほこりを取り除く
写真の色を濃くする
写真の色調を調整する
編集・加工01
カラー写真をモノクロ、セピアに
画像の色を変える
対象物を切り抜く01
対象物を切り抜く02
背景をぼかす
表示マスクチャネルを使う
レイヤ合成でフォトコラージュ
編集・加工02
写真サイズを小さくする
トリミング
縁をぼかして丸く切り抜く
2枚の画像を1枚の画像に
パノラマ写真作成
光と影の表現
基本的な光の表現
基本的な影の表現
文字
文字を入力する
立体的な文字を作成
その他
アニメーションGIF
レイヤを利用して絵を描く
写真を印刷する





文字を入力する
画像に文字を入力するには[イメージ文字]を利用します。入力した文字列はビットイメージとして 描画されます。
1. 文字を入力したい画像を開きます。

2. ツールボックスの[ツール]ボタンをクリックします。

3. [文字]タブをクリックし[文字ツール:イメージ文字]をクリックします。

4. 文字色を指定します。ツールボックスのカラーツール、[パレット]−[ソリッドカラー]の
カラーパレットから文字の色を選択します。



5. 画像上でクリックします。[文字ツール]ダイアログが表示されます。

6. テキスト入力ボックスをクリックして文字列を入力します。このとき[実体表示]に
チェックを入れると、フォント、サイズ、スタイルの設定内容が確認できます。

7. フォント、サイズ、配置、スタイルを設定します。塗りつぶす色は[色1]を選びます。
描画先の設定から[新規レイヤ]を選択します。開いている画像に直接書き込まずに、
新規レイヤを作成して書き込むことで、後で修正や加工がしやすくなります。



8. [OK]ボタンをクリックすると、新規レイヤに文字列が入力されます。



9. 文字が読みにくいので縁をつけます。メニュー[選択範囲]−[選択範囲の変更]−
[拡張]をクリックします。[拡張]ダイアログが表示されます。拡張サイズ(ここでは文字の
縁の幅になります)を指定し[OK]をクリックます。


10. 縁取りする文字用のレイヤを用意します。
レイヤブックから「新規透明レイヤ」をクリックすると、一番上の階層に新規レイヤが作成されま す。作成されたレイヤのサムネイルをドラッグして1つ下に移動します。



11. 縁取りする色を選択します。文字色と同じようにツールボックスのカラーツール、
[パレット]−[ソリッドカラー]のカラーパレットから選択します。


12. メニュー[編集]−[塗りつぶし]をクリックします。[塗りつぶし設定]ダイアログが
開きます。塗りつぶす色を[描画色]または[色1]にして[OK]ボタンをクリックします。



13. 文字の周りに縁が描画されます。
また、縁取りのレイヤを選択しておき、メニュー[フィルタ]−[ぼかし]−[ガウス]を実行
すると、縁の部分がぼけてガウスを実行する前より柔らかい印象になります。





立体的な文字を作成
立体的な文字を作成するには[3D文字]を利用します。
1. メニュー[ツール]−[3D文字]をクリックします。[3D文字]ダイアログが表示されます。

2. テキストに立体化したい文字列を入力します。
フォント名からフォントを選びます。
貼り付ける画像の選択から、立体文字に貼り付ける画像を選びます。色で塗りつぶすときは[カ ラーツールで選択]を、画像を貼り付けるときは[画像ファイルから選択]をクリックします。ここで は画像を貼り付けて作成してみます。貼り付ける画像を選んだら[次へ]ボタンをクリックして2画 面目に進みます。



3. 視点の設定、光源の設定、その他の設定を指定します。プレビューを見ながら、角度や文字 の厚み、マッピングタイプを調整してみてください。
設定が終わったら[完了]ボタンをクリックします。ドキュメントに作成した3D文字が貼り付きま す。



copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.