Top Page
how to >Photo ReColor HDR機能
[HDR]機能 アンダー露出写真の編集加工
露出がアンダー状態で撮影された写真や逆光写真、夜景写真の加工方法を説明します。
カスタム設定を選択すると、写真の露出状態や評価方法などの設定が可能になります。
アンダー露出写真の設定
1. 逆光写真

元写真:逆光で空が明るく建物や地面が暗く撮影された写真。
写真の露出状態は[アンダー]を選択し、評価方法は[ハード]を選択します。


下段左画像
効果の調整の強度を[中]、彩度を[強め]に調整。
建物や植物、池が明るくなり、全体の彩度が上がり自然な風景写真に補正さ れています。
ヒストグラムを見ると暗部と明部の割合が減少しているのがわかります。

下段右画像
効果の調整の強度と彩度を[最強]に調整。
明度変化は中間部から暗部にかけて劇的に明るく変化し、明部は逆に若干下 がっています。また、彩度は濃く鮮やかに変化し、写真全体のイメージは絵の ような画像になります。
暗部と明部が一段と減少し中間部が劇的に増加しています。


左:編集後画像


右:編集後画像



2. 被写体が日陰の写真

元写真:輝度の中間領域が多い動物写真。
写真の露出状態は[アンダー]を選択し、評価方法は[ハード]を選択します。



下段左画像
効果の調整の強度を[中]、彩度を[最強]に調整。
トラの模様や草むらがくっきりしメリハリがでた写真に補正されています。

下段右画像
効果の調整の強度と彩度を[最強]に調整。
全体的に彩度が上がり色濃度の濃いフラットな画像に変化し、絵的なイメージ になります。


左:編集後画像


右:編集後画像



元写真:日陰の建築写真。
写真の露出状態は[アンダー]を選択し、評価方法は[ハ ード]を選択します。



下段画像
効果の調整の強度と彩度を[最強]に調整。
日陰の建物や植物が明るくなり、全体的に彩度が上が って絵のようなイメージに変化しています。

編集後画像



夜景写真と暗い室内写真
1. 夜景写真

元写真:夜景写真。
写真の露出状態は[アンダー]を選択します。



下段左画像
評価方法[中間強調]を選択。強度と彩度を[最強]に調整。
中間強調は輝度の中間領域を主な編集領域とします。このサンプル写真の場 合は外灯や建物の明かりに照らされた部分が主な編集領域になります。漆黒 の空は編集対象外になり夜景写真全体のイメージは損ないません。

下段右画像
評価方法[ハード]を選択。強度[中]、彩度[最強]に調整。





左:編集後画像
評価方法[中間強調]を選択


右:編集後画像
評価方法[ハード]を選択



2. 暗い室内写真

元写真:暗い室内写真。
写真の露出状態は[アンダー]を選択し、評価方法は[ハード]を選択します。




下段左画像
効果の調整の強度を[弱め]、彩度を[強め]に設定。
室内全体が明るく色鮮やかに補正されています。

下段右画像
効果の調整の強度と彩度を[最強]に調整。
明度と彩度ともに明るく色鮮やかに激しく変化してます。効果の度合いはお好 みのイメージに合うように調整してみてください。


左:編集後画像


右:編集後画像



評価方法[ソフト] [標準] [ハード]の違い
1. 評価方法の[ソフト]と[ハード]の編集結果の違いは、標準に対して
[ソフト]は輪郭や質感を抑えて滑らかなフラットな面に加工します。逆に
[ハード]は輪郭や質感をハッキリ出し、凹凸を強調します。
※人物写真は標準またはソフトを、風景写真は標準またはハードを選択することをお勧めします。












明部を保護
1. 評価方法の補正機能 [明部を保護]

元写真:逆光写真。
写真の露出状態は[アンダー]を選択し、評価方法は[ハード]を 選択します。




下段左画像:[明部を保護]チェック無
明るい空も暗い建築物と植物も、明度・彩度ともに変化していま す。

下段右画像:[明部を保護]チェック有
空はほとんど変化せずに建築物や植物のみが変化しています。





copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.