Top Page
how to >Photo ReColor HDR機能
[HDR]機能 適正露出写真の編集加工
適正露出で撮影された写真の加工と加工方法の違いによる画像結果の変化を説明します。
カスタム設定を選択すると、写真の露出状態や評価方法などの設定が可能になります。
適正露出写真の設定
1. 適正露出写真
露出状態は[適正]で評価方法は[標準]を選択し、効果の調整の[強度]を変えた場合の画像結果。
強度を強めていくに従い、輝度の中間部の量が増え彩度が上がっていきます。最強で絵的なイメージに加工されます。

左:元写真


右:画像1、強度[弱]



左:画像2、強度[中]


右:画像3、強度[最強]





2. 影がつぶれた適正露出写真

元写真:適正露出にもかかわらず日光が強く影がつぶれた写真
写真の露出状態は[適正]を選択します。



下段左画像
評価方法は[標準]を選択。
暗部の岩と明部の水面が補正されディテールが現れている。

下段右画像
評価方法は[黒つぶれ]を選択。
左画像と比較して影部分が更に明るく変化しディテールが出ています。


左:評価方法[標準]


右:評価方法[黒つぶれ]



加工方法の違いによる画像結果の比較
1. 3つの評価方法を比較

共通設定: 写真の露出状態から [適正] を選択し、効果の調整の [強度] と [彩度] は固定。
個別設定: 評価方法を [標準] [白トビ] [黒つぶれ]に変えて実行した場合の加工結果の比較。
[画像1:標準] 暗部が若干明るく明部はコントラストが強まり、全体的にクリアな画像に変化しています。
[画像2:白トビ] 明るい花びらの濃度が上がりコントラストが強調されています。背景は画像1とほぼ同じ。
[画像3:黒つぶれ] 花びらは画像1と同じ感じで背景が明るく変化しています。





copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.