Top Page
how to >Photo ReColor 3D+
[2Dを3Dへ変換]を使った画像表現
[2Dを3Dへ変換]を使うと、アナグリフ式の3Dメガネ(右目が青、左目が赤のカラーフィルタの付 いた眼鏡)を使用して立体的に見える画像に加工することができます。

※[2Dを3Dへ変換]機能と3Dメガネ組立図はPhoto ReColor 3D+のみに搭載。
基本的な使用法
1. 加工元の画像を用意します。


2. メニュー[3D]−[2Dを3Dへ変換]を選択します。[2Dを3Dへ変換]ダイアログが開きます。




3. 項目[3Dレベル]のスライダをドラッグして飛び出し具合の強弱を設定します。


4. 項目[背景画像に対する3D処理]を[奥行き方向に傾ける]に設定します。

この画像のような、手前から奥へ向かっていく背景には、この設定が効果を発揮 します。


5. 下図のようになります。 完成です。




3Dレベルの個別設定
1. 2Dを3Dへ変換]は、加工元の画像をレイヤ別に作っておくと、飛び出し具合 を個別に設定することができます。

まず、加工元の画像を用意します。


飛び出させたい部分(この場合は宙に浮いている球体)は、各々背景とは別のレ イヤに作成しておきます。


2. メニュー[3D]−[2Dを3Dへ変換]を選択します。[2Dを3Dへ変換]ダイアログが開きます。
ダイアログの右上に、この画像のレイヤが並んで表示されます。



3. 項目[3Dレベル]の[個別に設定する]をチェックします。

個々のレイヤを選択して、飛び出し具合を、近くの物体は強く、遠くの物体は弱く 設定していきます。


4. 項目[背景画像に対する3D処理]を今度は[引っ込む]に設定してみましょう。

この画像のような、全体が遠景の背景には、この設定が良いでしょう。


5. 下図のようになります。 完成です。




彩度調整
1. [2Dを3Dへ変換]は、アナグリフ式の3Dメガネ(右目が青、左目が赤のカラー フィルタの付いた眼鏡)を使用して立体的に見えるような画像を作ります。

そのためアナグリフ式の弱点として、画像の中に青や赤がある場合、立体的に 見えづらい場合が生じます。


2. 左図の場合、[2Dを3Dへ変換]を単純に使用すると、チューリップの赤がちら ついて見え、立体的に見えづらくなってしまいます。
このようなときは、画像の彩度を落とすことで、立体視しやすい画像を作ります。


3. 項目[彩度調整]のスライダをドラッグして、画像の彩度を[グレー]寄りに設定 します。
画像の出来を見ながら、彩度を調節するとよいでしょう。


4. 下図のようになります。赤色のちらつきが抑えられ、赤いチューリップが手前から奥に向かって咲いているようになりました。 
完成です。




copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.