Top Page
products >ソースネクスト >Paintgraphic2 Pro
主な機能強化ポイント
正確な色の再現性を可能にするICCプロファイルやAdobeRGB、商業印刷用のCMYKに対応。
また、2種類の文字レイヤを追加し、レイヤ機能とツールボックスを強化しました。
■正確な色再現を目指しICCプロファイルに対応
ICCプロファイル
モニタやプリンタなどのメーカーから提供されているICCプロファイルを登録します。
正確な色再現が可能です。






■AdobeRGBとCMYKに対応
AdobeRGB
デジカメなどでも採用されているAdobeRGBに対応。
※AdobeRGBは、Adobe Systemsが定義した色空間(カラースペース)です。AdobeRGBで作成された画像ファイルを読み込むと自動
的に設定されます。またドキュメントの新規作成でも設定することが可能です。

CMYK
商業印刷で使用されてるCMYKに対応。
CMYKカラーでの画像編集もサポート、実際の色調を見ながらの編集作業が可能です。





再編集可能な文字機能
従来のイメージ文字機能に加え、パス文字レイヤと文字レイヤの2つの再編集可能な文字機能を搭載しました。


パス文字レイヤ
パス文字レイヤは、ベジェの線分上に文字を配置する機能で、曲線状に文字を配置させることができます。
また、従来のイメージ文字とは異なり文字の再編集の他にも文字単位にフォント、色、サイズなどの指定が可能です。
※パス文字レイヤは1行の文字列のみの対応です。複数行の文字列を編集することはできません。

パス文字レイヤ入力ダイアログ

文字レイヤ
文字レイヤは、テキスト枠に対して文字を流し込むタイプの文字入力機能です。
パス文字レイヤと同様に文字の再編集や文字単位にフォント、サイズなどの指定が可能です。

文字レイヤ入力ダイアログ





レイヤ機能の強化
「レイヤ・情報ツール」ウィンドウを新設
ツールボックス内に納められていたレイヤブックを「レイヤ・情報ツール」ウィンドウとして分離させ独立したツールウィンドウにしました。
これにより、より多くのレイヤを一度に表示することができ、レイヤを多用する編集時の操作性が向上しました。
表示場所はフロート状態とアプリケーションウィンドウの左端または右端に貼り付いた状態を指定できます。

「レイヤ・情報ツール」ウィンドウには、レイヤツールの他に、次の機能を表示するブロックがあります。なお、各表示ブロックは
ブロックタイトル右端の[]をクリックすることで折り畳むことができます。
色・情報表示ブロック
編集中の各種座標情報や色情報を表示します。
レイヤ表示ブロック
再編集可能なパス文字レイヤと文字レイヤ、串刺しレイヤ、アジャストメントレイヤ、
グループフォルダ、16種類のレイヤ合成機能を搭載しています。
ヒストグラム表示ブロック
選択しているレイヤのヒストグラムを表示します。
ヒストグラムの表示方法として「輝度」「RGB」「R」「G」「B」を指定できます。
ナビゲータ表示ブロック
サムネイル中の赤枠内が、現在編集ウィンドウに表示している領域です。表示領域は、
赤枠をドラッグして移動したり、[+][−]ボタンやスライダーで表示倍率を設定することもできます。

レイヤの表示形式にツリータイプを追加
従来のリスト表示と比べ、レイヤの階層構造の把握が分かりやすくなりました。
また、レイヤの種類が増えたことに対応するため、レイヤの種類毎に異なるカラーで表示するようにしました。
 リスト表示  ツリー表示

レイヤのオフセット
選択ツールパネル内に、レイヤのオフセットツールを搭載。
レイヤのオフセット機能は選択範囲の移動と異なり、ドキュメントをはみ出した画像が消失しません。





パス機能の強化
パスの連結機能
選択したパスを連結します。

パスの複数レイヤ対応
パスの複数レイヤ化により、パスを目的別に分けることができ操作性が向上しています。
ブックツール−パスブック






選択ツールの追加
新たな選択ルールとして四角形横と四角形縦を追加しました。
四角形横選択ツール
ドキュメントの横いっぱいを対象とし、縦方向のみマウスで指定する選択ツールです。

四角形縦選択ツール
ドキュメントの縦いっぱいを対象とし、横方向のみマウスで指定する選択ツールです。

レイヤのオフセット
選択ツールパネル内に、レイヤのオフセットツールを搭載。
レイヤのオフセット機能は選択範囲の移動と異なり、ドキュメントをはみ出した画像が消失しません。





ツールボックスの改良
ブラシオプションの表示エリアの可変
ブラシパターンを表示するエリアの行数を1〜4で指定可能。

ブラシ変形ツール
ブラシの回転角と扁平率が数値入力で設定できます。


各ツールエリアの畳み込み機能
ツールタイトルバーの右端の[]をクリックすることで表示、非表示を設定できます。


各ツールエリアの表示順を上下に移動
ツールボックスのエリアの表示順を上下に移動することができます。
レイヤ・情報ツールも同様にエリアの移動が可能です。

ツールボックス レイヤ・情報ツール



各ツールエリア固有のメニュー表示をする
ツールタイトルバー左端の[]をクリックすると表示。






カスタムツール機能
ツールバーによく利用するツールを登録することができます。
操作はたいへんシンプルで作業効率が向上します。

ツールエリアの[]をクリックすると、現在選択しているツールが登録されアイコンが表示されます。
・アイコンをクリックするとツールの選択。
・アイコンをドラッグすることで位置を移動。
・アイコンをエリアの外へドラッグすることで削除。



copyright 1999 - 2011 Fanfare inc. all rights reserved.