製品情報 >カンタン切り抜き写真 4


画像編集ソフト
・さまざまな切り抜きができ、簡単に写真を合成
・AI人物検出による消しゴムを新搭載
対応OS:Windows 10/8.1
→  ソースネクスト株式会社の製品紹介ページ
切り抜きがとにかく、簡単
カンタン切り抜き写真 4 は、
写真の背景を取り除いたり、必要な人や物だけを切り抜けるソフトです。
さまざまな切り抜きができ、簡単に写真を合成できます。
背景などを透明にする
AI消しゴム
AIで人物を自動で判定し、1クリックで人物以外を透明にします。
マジック消しゴム
マウスでなぞるだけで、周辺の近い色を透明にします。
人物だけを残したい場合など、境界線をきれいに判別できるので便利です。
消した範囲の輪郭をぼかすこともできるようになり、より自然に仕上げられます。
かんたん消しゴム
削除したい色を選んで、そのままドラッグするだけで消せます。
同系色を大きい範囲で透明にしたい時に活躍します。
消した範囲の輪郭をぼかすこともできるようになり、切り抜き面がより自然に仕上がります。
手動で透明にする
円形や四角形で好きな範囲を透明にできます。
微調整をしたい時や大まかに透明化したいときに適しています。
消しゴム
範囲消しゴム

なぞった部分を透明にします。
透明度や円の大きさを自由に変えられます。

指定した範囲だけを透明にできます。
囲んで切り抜く
輪郭で切り抜ける

切り抜きたい箇所の輪郭付近をドラッグすると
自動で輪郭を検出して切り抜きます。
トリミング

不要部分を削除し、指定した範囲でトリミング
する事ができます。
フリーハンド
好きな範囲を指定して切り抜くことができます。
形で切り抜く
文字の形に
入力した任意の文字の形に画像を切り抜けます。
また、切り抜いた後に、影やぼかしなどのエフェクトを
設定できます。
図形の形に
選んだ図形の形に切り抜く事が出来ます。
切り抜いた画像には、影やぼかしなどのエフェクトを設定できます。
消しすぎた部分を戻せる
一度消した部分を復元できる「復元ペン」を新たに搭載しました。
間違って消しすぎた場合や、自動選択で消えすぎてしまった場合などに便利です。
切り抜いた部分に何があったか確認できる
切り抜いた範囲に何が写っていたかを薄く表示できます。
復元ペンで元に戻すとき活躍します。
画像編集フィルタ
・ ピンぼけ補正にアンシャープマスク
輪郭線を強調することで、ピントの甘い画像をシャープにします。
・ 色彩を一括調整
「色温度」「白点調整」「色合い」
「シャドーを明るく」「ハイライトを暗く」など、色彩を一括して調整できます。
・ 建物などの歪みも補正
平面の被写体だけではなく、カメラレンズの特性で起こる建物の写真などの歪みも補正できます。
外側に向かって膨張する 「樽型収差」、内側に向かって収縮する 「糸巻き型収差」など、丸みのある歪みも補正できます。
・ 色あせた古い写真を復元
アルバムや引き出しにしまったままの写真は時の経過とともに色あせてしまいます。
退色補正を使えば、撮影当時の色合いを復元してデジタル保存できます。
・ HDR効果で写真を美しく
白とび・黒潰れを軽減したり、強めにかけてアーティスティックな写真に加工することもできます。
HDRはハイダイナミックレンジの略称です。明るい、暗い箇所などを加工して肉眼で見たものに近い写真にできます。
合成写真もつくれる
切り抜いた写真を他の写真と合成して新しい写真をつくれます。
切り抜いた画像は、大きさを調節したり回転して好きな場所に置け、さらに周囲をぼかして背景になじませることができます。
使いやすい操作画面
目的や切り抜き方法が分かりやすい操作画面で、初めて使う方でも簡単です。
利用可能なファイル形式
 入力ファイル  JPG、JPEG、BMP、GIF、PNG、TIF、TIFF、PSD
 出力ファイル  PNG
3台まで使える
1ライセンスで最大3台のパソコンにインストールできます。
※法人利用は1台までに限ります。
動作環境
 対応OS:
 Windows 10(32ビット/64ビット版)
 Windows 8.1(32ビット/64ビット版)
 ※各日本語版のみ
 メモリ:
 各OSが推奨する容量
 インストールに必要なハードディスク空き容量:
 約180MB
 ご注意:
 ご使用にはインターネットによるライセンス認証が必要です。
 本製品は、1ライセンスあたり3台のパソコンにインストールできます。
 64ビット版OSのみ対応しています。
 32ビット版OSでは動作いたしません。
開発:株式会社ファンファーレ
販売:ソースネクスト株式会社
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
その他記載されている会社名、製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
掲載している画面写真は、実際の製品と細部に違いがある場合があります。あらかじめご了承ください。